« ラピスラズリ | トップページ | ローズクォーツ球 »

アメジスト・スフィア

朝晩がぐんと寒くなって、おこたつから出られません。非常にどーでもいいことですが、今更ながら、TMRevolutionを聴いています。格好よくて、綺麗すぎる方ではないところが(努力なさっているかただと思うのです)、どこかほっとさせてくれて、そして「西川さんって可愛い人だな」って感じます。(あほか!とつっこまれそうですが…)今一番好きな芸能人です。

Dvc20225今日はアメジスト球です。大きさは30mm弱でもう15年ほど前に買ったものです。今はアメジストも人工的に作れるとのことなので、古い安心かなとも思うのですが、本当のところはわかりません。(でもこれはナチュラルでしょうね)どちらも鉱物的にはアメジストには変わりないそうです。その当時は石の加工に対する知識が少なかったので仕方ないのですが、本当は加熱処理・ガンマ線照射等されていないものが好きなので、今は研磨以外の加工はされていないものを極力集めるようにしています。

この石は私には力強い感じより、むしろ繊細で、優しい石。少し面白いのはこれは半分のみに色が出ていて、見る角度によってはきっかり半分だけ色が付いているのがわかります。

Dvc20223本を読むのに疲れたり、真夜中にちょっと休憩したりするときに(宿題が終わっていないときとか…ぐっ。)、眠気覚ましに見つめます。何だか大切にしてあげたいような可愛らしさと、しっかりしなさいね、と私を励ましてくれるような感じです。

※2009/04/14 写真を新しく撮ったものに入れ替えました。

|

« ラピスラズリ | トップページ | ローズクォーツ球 »

アメジスト」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメジスト・スフィア:

« ラピスラズリ | トップページ | ローズクォーツ球 »