« フローライト・エッグ | トップページ | カルセドニー(ホワイトカルセドニー)・ブレスレット »

石と過ごす時間(気まぐれ更新)

いつもは日曜日の定期更新なのですが、気がついたら、いろいろな石をつなげて作ったネックレスの石が欠けているのに気が付き、ぶ、ブルーです…欠けたのはトルマリンクォーツ。反省も込めて、破損について気まぐれ更新です。

Dvc20116石って結構安定した物質です。子供のころは、「花みたいに枯れたりしないし、腐ったりもしなくて、ずーっと溶けない氷のよう」(←水晶しかみたことがなかった)って思っていました。自分が死んでも、ずっとこのままなんだろうなって。でも石を集めるにつれて、意外にそうでもないかもって思うようになりました。

「水晶」の類は硬度7で、そこそこ硬い方ですが、絶対に破損しないってことはありません。ダイアモンドは「硬度10」で地球上で一番硬い物質ということになっていますが、この指標「硬度」はあくまでひっかき傷に対する耐性を示す数値で、石が割れないということではないんです。ぶつけたりすると、結構危険。(そもそもカット、タンブルなど小さくなって私の手元にやってきている時点で、「物理的に破損して」きてるとも言える)

破損の次に多いのは退色、ローズクォーツ、アメジストは日光の光で退色しますし、インカローズは時間とともに酸化して黒くなります(湿気にも弱いです)。スモーキークォーツも色が薄くなっちゃったり。

じゃぁ、一番安全なのは?と言えば、きっちり梱包して、日の当たらないところに置いておくこと…でもしまいっぱなしだと、石を集めたり、触れたりする楽しみってなくなっちゃうと私は思います。保管方法に気を遣うのは必要ですが、自分の目で見て、触れて、自然の不思議に感動したり、生きている人の耳元や指先を飾ってこそかなって。

Dvc20111今日の写真は、ずっと以前に載せたルビーのペンダントヘッドの石をはずしたもの。アスファルトに落っことしてちょっと欠けてしまっていますが(硬度9のルビーも欠けます)、力を与えてくれそうな赤が私は大好き。

取扱にはもちろん注意なんだけど、日々の生活の彩りとして楽しむのを忘れないようにしたいなって思います。(←かなり自分への慰めが入ってるなー…そ、そうしたいと思ってるんですよ、うん。)

|

« フローライト・エッグ | トップページ | カルセドニー(ホワイトカルセドニー)・ブレスレット »

ルビー」カテゴリの記事

その他」カテゴリの記事

コメント

ふぃーさま
お返事遅くなってしまって、本当にごめんなさい。あんまりショックだったので、木曜日に臨時更新しちゃったので、見てくださってる方もいないかなって、完全に気を抜いていました…、本当にごめんなさいね。

欠けちゃったりすると、本当に私も叱られた犬みたいにしゅーんとしちゃいます。もともと立ち直りは早い方なので、その石との時間を楽しめて良かったなって切り替えもできるようになりました。

多分人とのつきあいも一緒なのかも知れないと思う時があるんですが、「こんな経験ができて、この人と会えて、人生ちょっと得したな」って思えたら、それでいいな、そうなりたいなーって思います。
もちろん、大切にしたいなっていつもいつも思っているんですよ。うん。

だから、ふぃーさんも沢山の幸せな時間を旅してきてること、信じて疑いません。そうして、もっと沢山の幸せがふぃーさんに来ますように。(石がたーんと来ますように←おいおい)

投稿: 佑咲 | 2009年2月26日 (木) 13時56分

お久しぶりです(^ω^)
欠けたり色が変わってしまったり…ってショックですよね。自分の不注意で傷をつけてしまってひたすら石に謝ることもしばしばな私です(笑)

投稿: ふぃー | 2009年2月23日 (月) 13時10分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石と過ごす時間(気まぐれ更新):

« フローライト・エッグ | トップページ | カルセドニー(ホワイトカルセドニー)・ブレスレット »