« ローズクォーツ・タンブル | トップページ | ハーキマーダイアモンド・ワイヤーラップ »

アメジスト・ブレスレット

今が見頃の桜。桜色も和心を思い起こさせる色だなーって春になるたびに思うのですが、色の濃い、「紫紺」のアメジストも私には和の色。きりっとした色です。海苔の缶っぽい。(偏見だ)

Dvc10328 私は特にコンセプトもなく、綺麗な色と思った石を買って帰ってくるので(もはやカラスと大差ないわー)、そんなに珍しい石はなく、むしろありきたりな石が多いんです。コレクターともいえないんですが、お休みの日とかにぽーっと石を見たりするのがただ、好きなんですよね。

アメジスト、何回か出てきてますが、組成:SiO2、硬度:7、発色の原因は微量の鉄イオンとされています。産地によって、色の感じもずいぶん異なります。これはかなり色の濃いタイプですが、持っているアメジストの中では一番私が好きな色。流行の色ではないんですが、濃さと光を通すバランスがすごく好きなんです。服装をかなり選ぶので、出かけに手首に通す…ことはまずありませんが、時々無性に見たくなる紫。

多分ボリビア・ブラジルあるいはウルグアイあたりかなと思いますが、正確な産地は不明。ビーズとしては値段も安くて手頃なアメジスト。薄い色づきのいわゆる「ラベンダー・アメジスト」も可愛らしいですが、私が見惚れてしまうのは濃い色です。厳かな感じのするアメジストは、カトリックの司教の石としても大切にされました。(シャーロックホームズの短編の中にも、ホームズが大きなアメジストのはまったシガーケースを持っている記述がありましたっけ)

Dvc10330貴重な石だったのですが、最近は特にルースで、美しい合成アメジストが出てきています。もう、全然見分けつかないです。ビーズはそれほど心配しなくても大丈夫だろうと思うんですが、やっぱり処理について明記してくださる業者さんが少ないんですよね。最近はなんだか心配になって雲(カンやキリ)が入っているものを選んじゃいます何かしら人為的な処理がされているものは、やっぱり表記してあればいいのになぁ。(心配する必要のない昔のアメジストを持っていらっしゃる方、大切になさってくださいね)最近は質の良いアメジストそのものの価格が上がっています。前の1.5倍くらい。新しい鉱脈が出れば、また元に戻るのでしょうか。

4月最初の日曜日。桜とともに素敵な休息日になりますように。

P.S. 桜の季節らしい壁紙に変えてみました。(カエルも気にいったので)そして、ブログパーツに「マーリー」を設置しました。すこぉしだけ犬を飼っている気持ちになれちゃいます。映画が終わったら、きっと他のものに変わっちゃうのかなと思いますが(大抵、映画が終わると変わっちゃうし)、愛らしいパーツ。原作の私の評価は☆4つです。

|

« ローズクォーツ・タンブル | トップページ | ハーキマーダイアモンド・ワイヤーラップ »

アメジスト」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメジスト・ブレスレット:

« ローズクォーツ・タンブル | トップページ | ハーキマーダイアモンド・ワイヤーラップ »