« 石と過ごす時間(気まぐれ更新・12) | トップページ | ダンビュライト »

カーネリアン・ブレスレット

ずっと載せようと思っていたのですが、カテゴリー分けに悩みなかなかアップできなかったのが、カーネリアン。カーネリアンは組成はSiO2ですが、「潜晶質」といい、水晶の小さな小さな結晶がくっついたもの。水晶をぱっと思い浮かべると6角柱のものが出てくると思うんですが、あれは6方晶系の結晶した形、結晶した形がきちんと見えているもの、なんです。そういった結晶の形が見えず、ぼっこり塊で出てくるものが潜晶質と言われます。

Dvc20210で、この潜晶質のうち、半透明なものがカルセドニー、透明感がないとジャスパー、縞模様が美しいとアゲートと呼ばれます。(呼ばれます、といっても、この3つ組成は一緒なんですよね。硬度はどれも7より少し劣るようですが)で、このうちの半透明、カルセドニーのうち、オレンジから赤のものをカーネリアンと言います。…ぜぇぜぇ。なので、カルセドニーに分けちゃおうかなぁとも思ったのですが、割と知られている石なので、カテゴリーを作ってみました。

この石は、マダガスカル産。有名な話ですが、この潜晶質の石はとても染まりやすく、加熱しても色が濃くなるんですね。なので、この石を買った当時は神経質になっていたこともあって、加熱も染色もされていない石、ということで探して購入しました。それでも価格も5粒で、200円とお手頃。

Dvc20209もともと高い石ではなくて、ありふれた、とても親しみやすい石で、何より、暖かい石。橙と赤に元気をもらえちゃいます。

輸出入をやっていた(今もやってますが)頃に、invoiceの「カーネリアンアゲート」とアゲートと名称に入ると、染め・加熱されているものと聞いたことがありますが、現地の人がどれだけそれを守ってくれているかはやっぱり微妙です。が、カーネリアンについてはそんなに高い石でもないので、染めが好きじゃない人は「全面赤!」のビーズを避ければそんなに問題にはならないんじゃないかなと思います。(もちろん、「染めじゃない、非加熱・無処理」を扱っている業者さんがいたら私は迷わずそちらから買います。)

ところで、この石、冬の装いにもぴったりなんです。銅古美のワイヤーでロングネックレスを作ったら映えるんじゃないかなって思います。

風邪など召さぬよう、よい日曜日にしてくださいね。

|

« 石と過ごす時間(気まぐれ更新・12) | トップページ | ダンビュライト »

カーネリアン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カーネリアン・ブレスレット:

« 石と過ごす時間(気まぐれ更新・12) | トップページ | ダンビュライト »