« カーネリアン・ラフ | トップページ | 石と過ごす時間(気まぐれ更新15) »

ゼブラストーン

変わった石、といってもいろいろありますが、その中でもこの石はとってもユーモラス。

Dvc00055ゼブラストーン。オーストラリアのキンバリーで採れる、堆積岩(泥岩)の一種です。硬度についての情報はありませんが、結構柔らかそうな感じです。(7はないだろうなって感じがします)値段的には割と安く出ているので、量は結構採れてるんじゃないかなと思います。(あずき色の部分は酸化鉄と聞きました。赤っぽい発色については鉄分っていうの多いですね)

掘りに行くと、岩肌にこんな感じでもう見えているらしいです。本当にどうしてこんなしましまに見えるのか不思議。酸化鉄の色だとしたら、鉄分の移動がおこっているんですよねぇ。気の遠くなるような長い間にそれが起こるとしたら、同じくらい時間が経ったらまた姿を変えるのでしょうか。

ゼブラストーンという同じ名前で別の石もあります(そちらは黒白の感じの石です)他にゼブラジャスパーというのもあって割とまぎらわしいですが、このちょっと間抜けな感じ(←かなり失礼)はオーストラリア特有のもの。

Dvc00054オーストラリアでは、「幸せを呼ぶ石」なーんて売られていることもあるようですが、それはこの石の風貌のせいかも知れないなって思います。思わず、手にとってみたくなっちゃう石。

ゼブラというより、私には石の世界のパンダ、癒し系です。この石はミネラルショーで買いましたが、この石を使って作られた動物は、本当に愛嬌があって可愛いかった。(特にトラ!)

ミネラルショーでオーストラリアのブースには必ずといっていいほど出ていますので、好きな方は覗いてみてくださいね。(インターネットでも時々出ているのを見かけます)

この石はちょうどホチキスの箱くらいで、1000円でした。

今日も良いお休みにしてくださいね。

|

« カーネリアン・ラフ | トップページ | 石と過ごす時間(気まぐれ更新15) »

ゼブラストーン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゼブラストーン:

« カーネリアン・ラフ | トップページ | 石と過ごす時間(気まぐれ更新15) »