« 石と過ごす時間(気まぐれ更新・14) | トップページ | ゼブラストーン »

カーネリアン・ラフ

松の内ー、明日は仕事、楽しいな。(楽しくないっ)今年は4日が仕事始めってちょっと早くて、がっかりしちゃっておりますが、それでも家族が元気でいられますようにと変わらず、当り前の初詣が出来てよかったなって思っています。

Dvc00207

今年最初の定期更新は、日本産の鉱物となりました。北海道・瀬棚郡の花石、色が色だったので「カーネリアン」にしちゃいましたが、この石は層状の構造、縞も美しいので、アゲートにも見えます。(本当にこの辺は見た人の主観によりますよね。カルセドニーと言ってひとくくりにしちゃいたくなる気持ち、わかります…)

組成SiO2、硬度6.5。日本産の鉱物は、昔から「地味だなー」と感じていたので、敬遠しがちだったのですが、最近は控え目な、おさえた感じがいいなと感じるようになりました。日本の鉱物はあまり派手なものは少ないんですが、落ち着きます。この赤は赤に深みがある感じ。おさえた情熱、を感じるのは私が日本人だからかもしれないけれど…。

あと、この石はちょっと飛行機みたいなんです。かちわっただけなんですけどね…。(そう見えなかったらごめんなさい。)背中の部分はドゥルージー状になっていて、きらきらしています。お得です。

Dvc00088日本のカーネリアンも加熱したりして、より赤くする処理がされている場合もありますが、自然のものは割と暗めか橙色を帯びたものが多いです。そこがね、結構好きだったりするんですけどね。(私は濃い色が好き)

私は、よく眠いんだけど、寝ちゃいけない!時にカーネリアンの色の濃いものを持ってきます。元気をもらえそうで…って私が恒常的に貧血だからかもしれませんが…。

今年一年、元気にのりきれますように。

|

« 石と過ごす時間(気まぐれ更新・14) | トップページ | ゼブラストーン »

アゲート」カテゴリの記事

カーネリアン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カーネリアン・ラフ:

« 石と過ごす時間(気まぐれ更新・14) | トップページ | ゼブラストーン »