« クンツァイト・タンブル | トップページ | キャストライト・タンブル »

スギライト・タンブル

この2年のうちに、そんなに好きではなかったのに、増えてしまった石というのもあって、このスギライトのタンブルもその一つです。

Dvc00334スギライト、組成はかなり長く(K,Na)(Na,Fe2)(Li2Fe)Si12O30、の複合鉱物。硬度は5‐6とそんなに硬くないのですが、磨かれると綺麗なつやが出ます。

巷で言われている、世界3大ヒーリングストーン。「ラリマー」「スギライト」「チャロアイト」は21世紀の人の心を癒すための石と言われています。私は、ちょっとひねてたので、「絶対のらないぞ」とかって思っていたのですが、ふと惹かれて買ってきてしまったのが、この南アフリカ産のスギライト。

黒の中に現れる鮮やかな紫。これはそんなにグレードが高い石というわけではないのですが、ヒーリングというより、妖しい魅力を感じます。不二子みたいな(←古いっ!)年上のスタイルのいい美人さん、という印象。

Dvc00335私にはヒーリングストーンという割に、癒されない石、なんですがこのコントラストはモダンアートみたい。そして、不思議と明るい気持ちにしてくれます。

私はコレクターの気持ちで、この石を買ったのですが、スギライトを使ったアクセサリーが人気出るのはわかりますねー。(値段が高いので、私にはこれが精いっぱいになっちゃいそうですが)

今日も良いお休みにしてくださいね。

|

« クンツァイト・タンブル | トップページ | キャストライト・タンブル »

スギライト」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スギライト・タンブル:

« クンツァイト・タンブル | トップページ | キャストライト・タンブル »