« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

ブレスレットはシンプルなのが好き(気まぐれ更新・21)

私の石好きはちょっと偏っていて、多いのがタンブルを含む磨きものとビーズです。原石も少しありますが、「石を持ち歩きたい」私にとっては、タンブルとビーズが一番都合が良かった。幸いにも女性に生れついたので、ネックレスにしてもブレスレットにしても、好きな石と一緒にいられます。(男性の方がしてても素敵だな、何の石かなって私も思うんですけど、実際お仕事されてる方は難しい面もあるでしょうし。)

Dvc10001で、ブレスレットを作る時は、最初に1つの石だけで組んで石の雰囲気を楽しみます。6mm玉なら少しゆったり目に29石、8mmなら22石、10mmなら17石、12mmなら15石が私のサイズ。(自分の好きなサイズを知っていると、石屋さんに行っていろいろ組み合わせて買う時にも便利ですよ。)一本を一つの石にすると、石の個性が良く分かるからです。

同じ色の石でも、例えばローズクォーツとロードナイトを比べると、ローズクォーツの方がずっと硬質な感じ。ラブラドライトとムーンストーンなら、ラブラドライトの方が罅が入りやすそうな…とか、その石特有の雰囲気を含めて楽しむのが好きなんです。(同じ種類の石でも、産地やロットが違うと表情が違ってくるので)

が、最近になって、やっと「他の石との組み合わせ」でブレスレットを作るのもいいなーって思うようになりました。特に、石に願い事をして楽しむなら、いくつかを組み合わせるのもまた違った楽しみ。今年は、少し組み合わせて何か作ってみたいなぁって思います。

P.S. 普段お守り代わりにつけているのは既に黒を基調にいくつか組み合わせたものを、ナイロンコートワイヤーで繋いだものを使っています。(オペロンゴムだと私切っちゃいます。ちょっと服に合わせて使ってみるくらいなら大丈夫なんですけどね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイガーアイ(気まぐれ更新・20)

GWも後半、暦通りのお休みの私でもいつもよりは少しだけのんびりできそうです。

Dvc00385時々、「自分、何を買ってきた」と自問自答するような買い物をすることがある私、この石もかなりそっちよりの石です。タイガーアイ、組成:SiO2(本当はクロシドライトに石英が浸みこんだものなんですが、石英部分が主なのでSiO2にしています。全部書くと長いし)、硬度は6.5-7。この石、修正液を買おうと思った文房具屋さんで思わず買ってしまいました。

大きさは長さ3.5cm、太さ1.2cm位の鉛筆型。クロシドライトの繊維にそって、キャッツが走るのがとても印象的な石です。タイガーアイという強そうな名前の割に、憎めない石。

割と手が出なかったのは、この石をつけている人に男性が多いのと、私が好きなシンプルに通しただけのブレスレットにすると、数珠そのものになっちゃいそうで。(タイガーアイってどこまでも厳ついので、スレンダーな人じゃないとアクセサリーとしては難しい素材と感じています。私スレンダーじゃないっ。)

Dvc00386けれど石英質で、磨くと綺麗なつやが出るし、値段は安いし、沢山採れる、とても魅力的な石。動かすと黄金色のキャッツが出てくる様子は何度見ても飽きません。

この石、南アフリカの鉱山から産出しており、そこでは一つの山まるごとタイガーアイじゃないかというくらいの量が採れるそうです。それ以外にも中国、ナミビア、オーストラリア、アメリカなどから出ています。ローズクォーツと同じくらいお得感のある、とってもおなじみの石。

それにしてもキャッツが美しい石と書きながら、なぜ鉛筆型を買った…。この石を十分に楽しむなら、やっぱり丸玉だなぁと、後悔先に立たずな私です。(でもとっても気に入っているんですけどね、この色豊かになれそうで)

連休後半、実りの多いお休みにしてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »