« いつも腕にあるのは(気まぐれ更新・31) | トップページ | ブログの更新について »

初春のお喜びを申し上げます(気まぐれ更新・32)

2011年後半は本当に忙しく、目が回りそうな年でした。石そのものは全く増えていないのですが、1日はお雑煮を食べて、ほっと一息つくときに石を眺めたりと少しゆっくりできました。

では、どの位忙しかったかというと、出張に、23時帰りが続き、腕時計の電池交換にも行けないくらいで、とうとう年末に自分で電池交換しちゃいました。ちょっと脱線しちゃいますが、私はもともと腕時計コレクターで、金属アレルギーを発症してから石のブレスレットをつけるようになったのですが、使わなくなった腕時計がかわいそうになり、年末にメンテナンスを。G-shock系なら、精密ドライバーとピンセットがあれば簡単!

暮れの買い物の時に電池を買ってきて、交換後、黄ばんだベルトとベゼル(G-shock系は外れます)をダイロンで染めて、改変したのがこれ。Dsc00490

元は、http://www.swistak.pl/a22958914,Zegarek-CASIO-Baby-G-Casio-BG-172-6V-OKAZJA.htmlと同じモデル、要するに白の時計だったのですが、樹脂の場合はやっぱり経年で黄ばんでしまうんですよね。どうせならと思い、NAVYに染めました。スーツにはちょっと合わせられないけれど、まだまだ活躍してくれそうです。古いBaby-G等眠らせている方、やってみてくださいね。(←行けるならお店に行った方がいいですが)

さて、ずっと上げようと思っていて上げられなかった石がこれ。Dsc00492_1


天珠(dzi-beads)です。もともとは瑪瑙に特殊な薬品を使い、模様を描き焼きつけたもので、石自体も高価なわけではありません。(だって瑪瑙なので、そんなに珍しいってわけではないですしね)これは現代天珠と呼ばれる、古いものと同じような製法で模様を焼きつけたもので、いわばレプリカのようなものです。が、私が惚れ込んだのがそのバランス。

手のひらに載せるとなんとも収まりのよい、重さと形。私は、遊び半分で一つをヘンプでブレスレットにしてしまいましたが、今は手の中に縦に握れるようにネックレスにすれば良かったなぁと思っています。模様も面白く、ブレスレットになっているのが五福臨門天珠、下左が雙天地天珠、右が四線虎牙天珠と呼ばれています。(私のお気に入りは虎牙天珠)

私は、霊感とか全くないのですが、もし不安を抱えたりしている人がいたら、いろいろ種類がある中でも一眼、二眼と目が入っているものがいいかなと思います。ちょっと雰囲気が違うので。

Dsc00493_1


どこかで、天珠を「神様のおもちゃ」と言っているのを耳にしましたが、本当に神様が作ったおもちゃみたいに感じられる、面白い石です。

2012年が皆様にとって実り多き年でありますように。

mihuiさま、ちかさま、お返事出来ずに本当にごめんなさい。頂いたコメントには個別の記事のページでお返事させてくださいね。

|

« いつも腕にあるのは(気まぐれ更新・31) | トップページ | ブログの更新について »

天珠(dzi-beads)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/500862/43596137

この記事へのトラックバック一覧です: 初春のお喜びを申し上げます(気まぐれ更新・32):

« いつも腕にあるのは(気まぐれ更新・31) | トップページ | ブログの更新について »