インカローズ(ロードクロサイト)

インカローズ・ルース

日曜日は朝ごはんの後に、ゆっくりと珈琲かハーブティーを淹れて、お昼までのんびりします。今日は珈琲、うちにはツァッセンハウスのミルがあるというのに、いまだにカリタを使っている私。何となくもったいなくて、使えない…。今のが壊れたら、とは思っているんですけどね。

今日の台の上に出ているのは、そんな「ちょっともったいない」ような気がしてしまう、アルゼンチン産のインカローズです。

Dvc20088 組成はMnCO3、硬度3-3.5(3.7と記載しているところもあるようですが、脆い石という点ではさして変わりません)16mm×22mmのちょっと大きめの加工用のルースです。とにかく表面の磨きが綺麗で、周りの景色が映りこんでしまうくらいに丁寧に研磨されています。インカローズといっても、ピンクの縞の美しい物から、こんな風に赤の濃いものまで様々です。

この石は普段私が買う価格帯の石とはひと桁違う!さんざん悩んで買ったのに、加工となると、「割れそうだわー」と腰がひけてしまって、なかなかお店に持って行けずじまい。結果、乾燥剤と一緒に長期保存することになっちゃいましたが、いつかこの石に合うデザインでペンダントを作れたらいいなーなんて思っています。(でも、ルースとして手のひらで転がすのも楽しい石です)※湿気に弱い石ですから、持っている方はお水で洗ったりしないようにしてくださいね。直射日光もやめた方がいいと、思うsweat01

Dvc20089もしこの石にもっと耐久性があったら、カボションだけでなく様々にカットされて、色々な宝飾品になったでしょう。温かみのある赤。脆さを差し引いてもとっても魅力ある石だなーって思います。価格には波があるように感じますが、割とコンスタントに市場で見つけられる石です。(今は閉山してしまったアメリカのスイートホームマインのものは、私が絶対買えないくらいの凄ーっくいいお値段します…ぐっ。)

GWまで、あとちょっと。今日も素敵な日曜日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インカローズ(ロードクロサイト)・ピアス

クリスマスまであと少し、風邪などひいていませんか。クリスマス色(というわけでもないけれど、雰囲気がね、いいんです)のアルゼンチン産インカローズです。写真では色が少し薄く映っていますが、3A´(←自己採点。)くらいの綺麗なものです。

Dvc10220組成と硬度については以前書いた記憶がありますが、念のため。MnCO3の硬度4です。とってもデリケートで割れやすい石なのに、こんなに人気のある石も少ないなーと思います。そういう私も好きな石です。エヴィータ、アルゼンチン大統領夫人になったエバ・ペロンもこの石を愛したと聞いています。

今日のピアスは「インカローズが気になるわ」と話してくれた私のお友達に。以前学校が一緒だったのですが、今は家庭に入っていらっしゃいます。

とっても色の白い彼女なので、石のボリュームにつりあう感じの太さのシルバーのピアス金具にしました。ペルー産よりは、やはり色が明るいので子供っぽい印象になってしまわないか少し心配ですが、愛情と情熱を呼び覚ますといわれる石。元気のないときにも効きます。食べたら元気になりそうな果実の色。(余談ですが、決してピンクではない、この色相の石はとても貴重です。え、ルビーはって…実はもう人工でかなり美しいものができるようになってしまっているので、天然を求めた場合、不安がつきもので。。。ちゃんとしたところで買えば買えるんでしょうが、ちょっと私は腰がひけちゃいます)

Dvc10218 とにかく割れやすい石なので、石の上下にシリコンのクッションを入れました。自分で穴を開けたこともありますが(ほんとに簡単)、ドリルがあたり始めるところからもう白くなっていってしまうくらい、脆い石です。女の子の心のように繊細。

このくらいの細工ものなら、ちょっと練習すればすぐ作れるようになるので、気に入った石をみつけたら、自分で工夫するのもお勧め。(私は細工で魅せるものを作る自信も気力もないので、石そのものをじっくり探します。あぁぁ、デザインセンスのある人ってうらやましいわsweat01

どうぞ、素敵なクリスマスを過ごしてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インカローズ・ピアス(ペルー産)

雨が上がるたびに、秋になっていくのを感じます。心地よい季節、存分にお散歩したいです。(あぁぁ、でもレンジ周りを掃除したい。。←ふきこぼれ常習犯)秋の味覚は、綺麗な台所から頂かなくては。

Dvc10136今日は本当は他の記事を用意していたのですが、急遽変更して小さなピアスのことを。実は先週久しぶりに大学の時のお友達と会った時に一人のお友達が私が作ったピアスをしてきてくれました。使ってもらえるって本当に光栄です。そのピアスを作った当時は、アクセサリーを作るようになってからしばらくのことで、まだ巻きも甘く、コーティングされていない固めのシルバーワイヤーを使っていました。雫型のドロップはローズクォーツ、小さな4mmのビーズがインカローズです。

やはり、銀の変色が激しかったので、「作り直して送らせて」とお願いして一旦引き取り、作り直したものがこれ。今回は石留めのワイヤー部は変色のないアーティスティックワイヤーにし、シルバーのピアス部分を取り外してクリーニングできるようにしました。このピアス金具は後ろにくるんと回せば石の部分が外れるんです。ワイヤーも当時に比べたら、随分上手に巻けるようになりました。

Dvc10137 実はこのインカローズはペルー産で、業者の方から譲っていただいたとても良い石でした。アルゼンチン産の華やかさはなかったのですが、控えめな朱が本当に美しく、どうしてもそれに似合うものにしたいと思いました。

本来の美しさを100%生かしきれたかと言われれば、そうはできなかったかも知れないけれど、優しい彼女のもとで長く愛されるアクセサリーとなりますように。彼女の幸せを祈りつつ、紅茶をすするお休みです。みんな、また遊ぼうね。(←掃除そっちのけ)

P.S.私のピアスを貰ったことのある方、ワイヤー巻きなおします。。。ご連絡下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

インカローズ(ロードクロサイト)・スフィア

夏も半ばを過ぎ、雨の中に秋の匂いがするようになりました。オリンピックも今日でおしまい。個人的には男子400mリレーの決勝レースが凄かったなーと思います。あとソフトボールとか、頑張った選手のみなさん、本当にありがとうございました。そして、お疲れ様でした。

Dvc10059_2 本当はまだ涼しげな石を載せたいなと思っていたのですが、今日は何となくこの石を。インカローズ(ロードクロサイト)、組成:MnCO3、硬度3-3.5。「弱い石だなー」と思っていたのですが、最近まで方解石と一緒だとは(同質異像、と言ってもまだ認定はされていないようです。まぁマンガンカルサイトというピンクのカルサイトがありますものね。カルサイトの組成はCO3)知りませんでした。石そのものは10年程前から知ってはいたのですが、あんまり好きな石でもなかったので、随分長い間目もくれずにいたのです。その後、ペルー産、アルゼンチン産の見事な濃いピンク色から、苺ミルクのような優しい色までのバリエーションの虜になり、濃いものも集めてみました。(でもこんなに脆い石だと知っていたら、集めていなかった…)

紫外線NG、衝撃NG、汗・水もだめで、ビーズにしても糸ずれが激しく、ちょっと扱いに悩むのもこの石です。特に縞のないものはそこそこ値段も張るので、ブレスレットに組み込むのもためらわれます。(1年ほど前に、きれいなインカローズのブレスレットとアメジストのブレスレットを重ね付けしている実に勇気あるお姉さんと電車で乗り合わせました。傷がつくっ)この縞のあるものは宝飾品としてこそグレードが低いとされていますが、今ではある程度の大きさがあるし、私には気軽に触れて楽しめる石。

Dvc10060_2 この年輪のようになった、縞模様と優しいピンク色が可愛らしい石です。濃いものは、当然発色も強く、私はなんだか落ち着かない気持ちになってしまうのですが、この石は割合大丈夫。扱いも衝撃には気をつけていますが、それほど気を使いませんし、お値段も大丈夫。縞のない濃い色のものは、ちょっとぶつけただけで白くなってしまうので、ひやひやものなんです。(濃いものは女王様のような風格で、湿気にあたらないよう、乾燥剤といっしょに保管しています。ひー、手がかかる。)業者の方に以前伺ったところでは、ペルー産のものの方が若干硬度が高いそうです。あぁ、同じくらい脆い石でもフローライトの方が私にはまだ扱いやすいなぁ。

25mmのスフィア。如何にも女の子のような可憐な印象が時々苦手なのですが、ちょっと元気がないとき、可愛らしい気持ちを取り戻したいときに。(近頃そんなことはさっぱりですね…取り戻せ、私よ。)

今日が皆様にとってよい日曜となりますように。

おまけ:私は「エヴァンゲリオン好っきー」のライトなおたくだったりしますが、最近のお気に入りがこれ。You○ubeよりニコ○の方が解像度はいいのでアカウントを持っている方はニコがお勧め。(映像とはエヴァは実はあんまり関係がありませんが…)格好いいです。消されちゃう前にお早めにどうぞ。

http://jp.youtube.com/watch?v=fMlOOL0f8uA

http://www.nicovideo.jp/watch/sm4373496

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インカローズ(ロードクロサイト)・ブレスレット

学校の帰りに、デート帰りの男の子と女の子を見かけました。女の子がぴょんぴょん跳ねる感じで歩いていて、うれしそう。バレンタインの直ぐ後だったので、チョコレートを貰ってもらえたのかもしれませんね。男の子はともかく、女の子が可愛いっ。今日はそんな彼女みたいな石、インカローズです。(アルゼンチン産・少しだけ白い部分があります)

Photo これは3年ほど前に、連で買ったものをブレスレットにしました。好きな人との出会いをもたらすとか、魅力をアップさせるとか、愛にあふれた人生を約束するとか、いろいろうれしいお話がいっぱいの石で私も大好き…なのですが、硬度がたったの3-3.5。(ガラスが6位ですからね)発色が良いアルゼンチン産の物のほうがしかも硬度が落ちる。そして日光にもお水にもできればさらさないほうがよい。

ただでさえいろいろこまごまとやらなければいけないのに、私には無理だわ…というわけで、今はぽーっと眺めることが多いです。

実際、このブレスレットでも石ずれが起こってしまっていて、通し穴の周りが少しかけたり、丸くなってしまっています。大切に使わざるを得ないので、結果としておしとやかで、女性らしくなるのかも。。。

ただ、この明るいピンクは、黒のニットにシンプルに合わせるだけでも良く映えます。壊れやすくて、繊細で、明るい、本当に少女のような石。(取り扱い厳重注意!)塊でとれるものは白を含んだ縞状になりますが、結晶で取れるものはもっと色が濃く、女王様のような風格です。

同日午後16:38加筆:最近ようやっと画像修正ができるようになりました。なので、上の画像も少々ピンクの色合いを修正しています。この石は蛍光灯には映えるのですが、日光はからきしだめ。写真美人な石だわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)