その他

宝物が増えました(気まぐれ更新・24)

私は基本インドア派で、何かを作ったりするのが好きです。最近合間を見て作るのはアジアンノット、ヘンプや革ひもを使って小さな小物を作ったりします。

Dvc10006もう7年ほど前に最初の会社で同僚の方にもらった小さなシルバーのペンダントトップ。(その方は彫金をおやりになっていて、私が会社を離れる時に下さったのですが、忙しさにかまけてお礼を言えなかったのが今でも心残りです。)細身のチェーンがなかったので、ずっとアクセサリーボックスに入っていたのですが、ふと思い立ってヘンプと組み合わせたらいいかもしれないと思ってやってみました。

シルバーの輝きとヘンプの素朴な感じが気に入り、速攻新しい宝物に!こういう感じ好きなんです。真ん中の石はペリステライト。あまりグレードの高い石ではありませんが、それが返って良かった。(糸の端っこの始末が上手くないですね←私だから仕方ないとも言える)

Dvc10005 ヘンプってやり始めると面白いなーと思うのと同時に、普段使っていないけれど大切なものを使えるようにできるのはうれしいことだなって感じました。そして、こういうものを作り出せる技術さえあったら、10年でも20年でもビーズって使えるんですよね。もはや、簡単に捨てられない!

普段の生活はシンプルに、でもあるもので工夫して楽しく暮らしていけたら素敵だなって思います。

良いお休みにしてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブレスレットはシンプルなのが好き(気まぐれ更新・21)

私の石好きはちょっと偏っていて、多いのがタンブルを含む磨きものとビーズです。原石も少しありますが、「石を持ち歩きたい」私にとっては、タンブルとビーズが一番都合が良かった。幸いにも女性に生れついたので、ネックレスにしてもブレスレットにしても、好きな石と一緒にいられます。(男性の方がしてても素敵だな、何の石かなって私も思うんですけど、実際お仕事されてる方は難しい面もあるでしょうし。)

Dvc10001で、ブレスレットを作る時は、最初に1つの石だけで組んで石の雰囲気を楽しみます。6mm玉なら少しゆったり目に29石、8mmなら22石、10mmなら17石、12mmなら15石が私のサイズ。(自分の好きなサイズを知っていると、石屋さんに行っていろいろ組み合わせて買う時にも便利ですよ。)一本を一つの石にすると、石の個性が良く分かるからです。

同じ色の石でも、例えばローズクォーツとロードナイトを比べると、ローズクォーツの方がずっと硬質な感じ。ラブラドライトとムーンストーンなら、ラブラドライトの方が罅が入りやすそうな…とか、その石特有の雰囲気を含めて楽しむのが好きなんです。(同じ種類の石でも、産地やロットが違うと表情が違ってくるので)

が、最近になって、やっと「他の石との組み合わせ」でブレスレットを作るのもいいなーって思うようになりました。特に、石に願い事をして楽しむなら、いくつかを組み合わせるのもまた違った楽しみ。今年は、少し組み合わせて何か作ってみたいなぁって思います。

P.S. 普段お守り代わりにつけているのは既に黒を基調にいくつか組み合わせたものを、ナイロンコートワイヤーで繋いだものを使っています。(オペロンゴムだと私切っちゃいます。ちょっと服に合わせて使ってみるくらいなら大丈夫なんですけどね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「鐘」というプログラム(気まぐれ更新・18)

思いっきり時期を外したコメントになってしまってますが、私は浅田真央選手の「鐘」というプログラムが好きです。全日本からこっち、夜中に起きだして、録画したのを何回も何回も見てました。

一分の隙もない凝縮されたプログラム、静謐の中で氷を蹴る音と、着氷の音。そこには、良くある綺麗な女の子が、ヒラヒラっとした衣装で「私を見て、そして好きになって」という可愛らしさはありません。でも私、泣けるんですよ。革命の予感に恐れおののき、祖国が変わっていくことの悲しみと、時に翻弄され行方の知れない未来に対する人々の緊張感…そういったものが、一瞬の失敗も許されないスケートという競技の中で極限まで表現されていると思うんです。

LPに必要な要素をすべて組み込んで、その上で「自分以外の何か」を表現させたタラソワコーチ、そして不振に苦しみながらトリノで完成された「鐘」を見せてくれた、浅田選手、本当にすごい!(3Aはライザチェックと同じ本数です。ってか4回転を飛ばない彼に問題があるんじゃないかとも思う…。)

これも私だけが感じていることではありませんが、今のフィギュアの採点には大いに問題があると私は思います。「どうしてこのプログラムが評価されないんだろう」と感じたのもありますが、「メダルは各国1個のみ」という暗黙の了解から始まり、一部の選手のみに厳しいダウングレード判定が、多彩なジャンプを組み込むことを難しくしました。採点はおかしなことだらけ。それについては、他の方のブログの方がもっと詳しく書かれているので、私は書きませんが…私が言えるのは;

ISUはオリンピック直後にはあったHPのメールフォームを削除しています。

大量にメールが来たのでしょうが、それにしても「腐りきってる」と思うのは私だけではないはずです。(それでも私はメールしましたけどね)

以下は、「フィギュアの公正な採点を望む署名運動」へのリンクです。http://www.shomei.tv/project-1514.htmlまだまだ目標の数には届いていないようですが、もし協力してもいいなと思う方がいらっしゃったら、どうぞよろしくお願い申し上げます。少しでも多くのスケーター達がよりよい環境で競技できるように、心から願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Thank you

タイトルが石の名前じゃなくてごめんなさい。今日は「ブログ頑張って続けられました記念」として、そしてお越しくださった方に本当にささやかなプレゼントです。私がちょこちょこっと作った小物、そしてクリスタル好きの方にもらっていただけれたら嬉しい石が少し。

「もらってもいいよー」って方がいらっしゃったら、「yousa06#nifmail.jp」(←スパム防止に#を使っています。応募の際には#をアットマークに変えてください)までご連絡ください。

メールのタイトルは「石希望」で、本文に希望されるアイテム番号をひとつ記入、ハンドルネーム、そして石への熱い思いをどうぞ(←なくて大丈夫です)。締め切りは3月6日(土)で、翌週14日の定期更新でご連絡します。

※応募は締め切りました。応募してくださった方、本当にありがとうございました。(実は間違えて3/7締め切りと書いてました。申し訳ない。3/7までぎりぎり受け付けますので、ご連絡ください。)

可能性は低いと思うのですが、複数の応募があった場合は、アイテム番号と同じかあるいは近い順番でメールを頂いた方にプレゼントとさせてください。(例えば、アイテム番号が「3」だったら、3を希望する方のうち3番目にメールを下さった方が「あたり!」です)。もちろん一人しか希望される人がいなかったらその方に。あぁぁ、でももらい手のないものもあるんじゃないかなと思ってますが…。(なにせ訪問者数は20人/日なので)

広いウェブのなかで何とも小さくやってきたブログです。それでも続けてこられたのは、来てくれる人がいたから。本当にありがとうございます。届いた方の気持ちがちょっとでも暖かくなればいいなーって思っています。

Dvc00309_2左からアイテムNo.1-5。ちょこちょこと作ったブックマークです。文庫本や手帳にちょうどいいサイズかなと思います。













Dvc00346アイテムNo.1、羽のブックマーク。ターコイズ、カルサイト、クォーツァイトの小さなビーズをつけました。













Dvc00347アイテムNo.2。1の色違い。サンゴとチェリークォーツ(合成)、カーネリアンがついてます。この羽のモチーフは適度な重みがあって、私は使いやすいんじゃないかと思います。











Dvc00348アイテムNo.3。鍵のモチーフ結構好きです。シャンパンクォーツとアメジストをつけました。













Dvc00308アイテムNo.4。しかしブックマークばっかりよく作ったな…。アメジストとスワロフスキービーズで。













Dvc00350アイテムNo.5。サンストーンとサンゴとホワイトマグネサイトがついてます。














Dvc00321アイテムNo.6と7。私は実はキーホルダーも好き。リングが小さめなので、チャームに使ってもらえたらいいかなと思います。この2つは、使っている石もかなり綺麗です。(この写真はちょっと暗めです)










Dvc00312アイテムNo.6。鍵とヒイラギ、タイガーアイとラブラドライトを使いました。このラブラドライトは本当に綺麗。













Dvc00313アイテムNo.7。6の色違いで、ガーネットとクリスタル。クリスマスの時期に作りました。













Dvc00329アイテムNo.8-12。自分ではピアスをしないというのに、つい作ってしまうのがコレ。時々お友達にもあげたりします。













Dvc00320アイテムNo.8。スカイブルートパーズのピアス。私はこの3連のしゃらっとしたピアスが好きで、自分では使わないのに持っているものも。これは作った中で一番気に入っているバランスのものです。

素材はシルバーで、飾り部分は後ろから外せます。これは耳にかける部分にはメッキがされていないので、変色した場合には簡単にクリーニングができるようにしました。





Dvc00322アイテムNo.9。8mmのラブラドライトをどうしようかなと思い、ペリステライトと組み合わせました。長石同士の組み合わせ。ポップな感じです。

これはK14GFとアーティスティックワイヤーを使っています。










Dvc00325アイテムNo.10。色の濃いカイヤナイトのペアブリオレットを3つ。本当は、普通のブリオレットを探していたのですが、深い色に魅せられて買ってきてしまいました。これは光を通した格好なので薄く映っていますが、実物は上の写真の紺に近い色です。

ピアス部分、チェーンともに10kを使っています。






Dvc00318アイテムNo.11。ガーネットのシンプルなピアス。カットがちょっと丸い感じなので、可愛い感じです。

素材はK14GFです。











Dvc00326アイテムNo.12。同じタイプの、シルバー、但しこちらの方が石のカットはしっかりしているのでシャープな印象。













Dvc00330最後に石を3つ。アイテムNo.13-15です。














Dvc00333アイテムNo.13。ヒマラヤ、パルパティ渓谷の水晶。まっすぐじゃない、ゆっくりとうねりを描いて成長した側面がとても魅力的。透明じゃないのに、透明な存在感を感じる水晶です。











Dvc00331 アイテムNo.14。ガネーシュヒマールのくっつきツイン水晶。双晶ではありませんが、ちょうど2つの大きさが似通っているので仲良しみたいに見えます。












Dvc00332_2アイテムNo.15。8面体に磨かれたフローライト。入門編!みたいな石で、私もデスクフローライトが置いてあります。鉱物を好きになったばっかりの方に。












来週はもう3月、明るい春となりますように。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

石と過ごす時間(気まぐれ更新16)

日曜日に予告しちゃったので、ちっとも「気まぐれ」にならない更新になっちゃいました…ごめんなさい。いや、実はこの記事、日曜のガーネットを書いた日に書いていて、タイムリリースしています。(平日は仕事なので更新って出来ないですので)

Dvc00256_2 ご、ごめんなさい(何故謝る)、私結構アニメ好きです。で、今見てるのは平日にTVが見られないこともあって「ハガレン」だけなんですが、ある時この物語のモチーフ、「賢者の石」っぽい石ってないかなと思って見つけたのがこの石。

オーストラリア・クィーンズランド産のアゲート。とても良く磨かれているので下の写真にはカメラが写りこんでしまっています。

この石、朱の色合いを見て私はてっきり国産かなと思い込んでいたのですが、カードを確認したら、クィーンズ産でした。

大きさは縦が4cm、横が2cmのアーモンド形。アゲートと確認できるうっすらとした縞が見えます。

Dvc00253_2 こっくりとした深い色の赤。もう、(心の中で)盛り上がって盛り上がって買ってきちゃった石です。正直アゲートだから買えたという部分もあります。けれどもし、賢者の石というものを実際に赤の石で表現するとしたら、ルビー、ガーネット、カーネリアン、ベリル、トルマリン、ジルコニア(少し地味か)、リアルガー、スピネル…やっぱりルビーになるのでしょうか。(←費用的に実現不可)あ、でもリアルガーなら、毒性がある分それっぽいかもしれない…。

なんて、モチーフ一つで仕事も忘れ、勝手に盛り上がれる石好きでした。(注:こんな大人になってはいけません)

今週もあと半分、元気に乗り切ってくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

石と過ごす時間(気まぐれ更新・14)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。さて、どこで聞いたのか覚えていませんが、今年のラッキーカラーは青だそうです。

Dvc00226青か、と思ったらどうしてもこの石を載せたくなりました。ラピスラズリ、このブログを書き始めたころに一度書いたんですが、その時はうまく写真が撮れなくて、ずっと撮り直したいなと思っていたんです。(2回目の掲載になっちゃいますが、ごめんなさい。通常更新はちゃんとしますー)

当然、集めた石はみんな好き、なんですけど、中には片手ほどの「特別」な石というのもあります。ずっとしていたペンダントもそうですが、この石もその一つで、ちょうどこの石を買った時に、私一つ決心をしていたんです。で、この石を見るたびに、その私の「青い」決心のことを思い出します。

今も青いままですが、その気持ちを持ったまま最後まで走り抜けられますように、なんてことを年明けに思いました。

Dvc00227しかし、もっと高い石もあるというのに、特別な石!がどれもこれも安上がりなのが私らしいような…。以前書きましたが、これは中華街のチャイハネで700円か、800円位だったんです。ホワイトマグネサイトの染め疑惑もありますが、パイライトが綺麗に入っているので多分本物かなと私は思っています。え、中華街で何を決心していたのかって?…う、ないしょです。

今年がいらっしゃってくださる皆さんにとってどうぞ素敵な年でありますように、心よりお祈りいたしております。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

石と過ごす時間(気まぐれ更新・13)

非常にミーハーと言われるでしょうが、持ってます。(←ミーハーな奴)お値段お手頃な本当に見て楽しむためのフローライト。「天使の形の石なんて」、とか思っていたのですが、滑らかな形といい天使を信じたくなってしまう形。同じタイプのものはローズクォーツとかでも沢山出ているのですが、わりと大ぶりの手磨きなので、一つ一つ感じは微妙に違います。(これは調布パルコの5Fで見つけましたが、当時結構いろいろなショップに出ていました。あぁ…買うまいと思っていたのに。)

Dvc00221

いつも遊びに来てくださる方、ありがとうございます。一人ひとりのクリスマスは違っても、どれも素敵なクリスマスとなりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石と過ごす時間(気まぐれ更新・12)

石を集めるのは好きなんですけど、最近はさすがに保管場所に困ってきているので(一応、チェストの上と、下の引出し、一つって決めているんです)、なかなか増えません。とても小さなとるに足らない小さなコレクションなんですが、自分がちょっと明るい気持ちになれるには充分。で、その石を見るのに私が使う道具がこの2つです。

Dvc00095_2カラーフィルター(左)と鉱物用ルーペ(右・25倍)です。本当は屈折計とか欲しいんですけど、きっと趣味の範囲じゃなくなっちゃいそうなので。この二つはどっちもそれほど値段がしないのと、持ち運びが簡単なので、ミネラルショーとかにも持っていきます。カラーフィルターは、カルセドニーとかの染色の簡易鑑別用に、ルーペはもう、ただ楽しいので!

石が小さくても、大丈夫大丈夫。ぱっと見にはわからない、内包物や、うねりが見られたり、月並みですが、石は小さなアート作品みたいです。

どちらもそんなに値段はしないものですし、特にルーペはお買い物にも役立つのでお勧めですよ。

今日は3連休の最後、私も珈琲を飲んだら出かけようかなーって思っています(輪編みの針を買ってこないと、編み物の続きが仕上がらないし)。良いお休みにしてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石と過ごす時間(気まぐれ更新・10)

犬を飼っている人からは、犬が石を好きでなんだかわけのわからない石を持ってきて、噛んだりしているという話を時々聞きます。私は以前、親戚の家に行ってその家のわんこと仲良くなり、犬小屋の中から「いる?」という感じで彼から石をもらったことがありました。ど、同士だわ。

Dvc10390このブログでは、綺麗な石、ちょっと珍しい石を紹介したいと思っているのですが、どちらにも当てはまらない石なのに、いいなーって思ってしまった石もあります。

スモーキークォーツ。言わずと知れた水晶の仲間で、ブラウンがかったもの。これは6角柱のポイントを研磨する際に出来たスライスを磨いたものだそうで、石を買ったおまけに頂きました。が、私は買った石より、このおまけに肩入れしてしまうという、本末転倒っぷり。何がいいって、この中に散りばめられた、おそらく雲母がきらきらしているのが気に入ってしまったんです。

こんな風に晴れた日の窓辺に置くと、星が散っているよう。安上がりこの上ない、お楽しみに私は小さい頃なんでもないものを宝物にしていた時のことを思い出します。

Dvc10387

お金を出せば、確かに素敵な石は手に入るし、私もできるだけいいものが欲しい!と思ってしまう部分が確かにありますが、お気に入りの小さな石をゆっくり観察するのもとても贅沢な時間だなって思います。

3連休の最後の日、よいお休みとしてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石と過ごす時間(気まぐれ更新・9)

秋の入口は、夏の余韻の暑さを残しても、少し暖かみのある色合いが恋しくなります。私の飲み物がアイスティーから、ホットのハーブティーに変わって、ゆっくり座って本を読みたくなると、私には秋になったサインです。

Dvc00040夏の間にはつけることのない、いいえ、普段あまりすることのないペンダントですが、私には宝物。あぁぁ、私この色は似合わないのに、でも好き。ローズクォーツのシルバーのペンダントトップです。(おそらくマダガスカル産)通常あまり見かけない、大ぶりの仕立てで、石は一番長い部分が2cmあります。こんな大きい仕立てはなかなかないのと、ローズクォーツゆえに、値段も手頃。表面のチェスカットが綺麗です。

長めのコードを使ってペンダントにしてつけていくと、女の子には必ず「それ何の石?」と必ず聞かれます。多分、普通のペンダントよりずっと石が大きいからだと思うのですが、けれど、この優しい色合いをいいなって思ってくれるお友達も多いようです。

Dvc00041あと、「ローズクォーツ」は身近な存在で、手に入れやすい石の一つなのも、他の人との距離を縮めてくれるのに役立ってくれてると感じます。リビングに置くような大きなものはそれはいいお値段しちゃいますが、カットルースならCD一枚分くらいの価格で買えるのは沢山の人が知っているんですよね。あの石ね、って。(最近ちょっと値上がり傾向っぽいですが…)

そんな訳で、私がこのペンダントをつけていこうかなという時は、ちょっと人恋しくなった時でもあります。恋愛に効果あり!と言われていますが(←これについては私はコメントする権利を有せず)、それはこの石が身近で、誰にとっても良いお話の種、きっかけをつくってくれる石だからじゃないかなって思います。素敵な石です、ローズクォーツって。

今年は長めのお休み、皆様に沢山いいことが起こりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)