ムーンストーン

石と過ごす時間(気まぐれ更新・8)

人の心の移り変わりをよそに、いつも石は変わらずにいるんだなー、なんて思うことがあります。

Dvc10332割れちゃったりもするので一概には言えませんが、石の寿命は保存状態さえよければ、人のそれよりずっと長いです。このリングは私が学生の時に、石から選んでセットして、それからずーっと一緒。何度か失くしても、その度にしばらくすると出てきたりして。

スリランカ産のホワイトムーンストーン。今はインド産のものが多く出ていますが、その時はスリランカのものがほとんどだったなー。このリング以外はカボションのものは持ってないんですが、インド産はシラーの目がくっきりでるのが多いような気がします。猫の目のようにはっきり。(インド産のムーンストーンの中には、ペリステライトのものも結構多いんですが、普通のムーンストーンも産出します。青いものは…ペリステライトがほとんどです)

Dvc10334

作った時は、もう「きゃー」という感じに大好きで、それから笑って泣いて、時が経って、あれほど使い倒してるというのに失くさないのが不思議だったなぁ。

石の台の分だけサイズが大きくて簡単に回ってしまうのと、引っかかりやすいので今はいつも持ち歩く鞄についてます。本当は、「ずーっと使うもんね」とかって思っていたのに、その時の気持ちはいつしか変わっちゃってました。頼りにならないなぁ、私。でもその時の自分への約束を守るような気持ちで、そして約束を守ることの難しさを忘れないように、そばに置いてます。

これからどの位の季節を過ごせるのかなぁ。ジュエリー好き、な女性はたくさんいると思うんですが、いつでも石を見れば少し気持ちが明るくなるようなそんな単純な私でいたい、今日この頃です。(←いや、それは絶対心配しなくていいと思う)

良いお休みを過ごしてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムーンストーン・ブレスレット

長かった…。いったいどうして、この石が今まで出てこなかったのか不思議です。

ムーンストーン。組成:KAlSi3O8、正長石(カリ長石)の代表格。硬度:6-6.5。とまぁ、日常使用に耐える硬さです。ラブラドライトの所でも書いたのですが、この長石の仲間、ちょっと分類が面倒くさいことになっています。…と思っていたら、いいHPを見つけました。中央宝石研究所のレポートです。(それと同時に、ラブラドライトで書いた記事の誤りを見つけました…直しとかねば)

http://www.cgl.co.jp/latest_jewel/gemmy/128/index.html

もともとはどういうことかというと、正長石の中で青いシラーを持つものは「ブルームーンストーン」と言われ、結構希少だったんです。市場に出ているのも白のシラーを持つものばっかりでしたし、「幸せを運ぶらしい」という噂までついて。そこへ、見た目そっくりな青いシラーが見えるぺリステライトが大量に市場に入ってきたんです。入ってきた当時は、ムーンストーンと区別されてなくて、しかも安かったので、ブルーストーンブーム!みたいになりました。もともと希少で、結構な値段のするブルームーンストーンだったので、高額で売りつける業者さんも出たり(ぺリステライトは量がたくさん取れたため、単価としては安い石にだったと思うんです。安い石なのにべらぼうに高く売るのは倫理的には考え物なんですが、業者さんも区別ついてなかったのかも知れませんsweat01)、結局なんだかよくわからないことに。

ただ、私は本当に「何となぁく」ですが、もとのムーンストーンと石の印象が違うなーと思ってたんです。(←なので、業者さんが「知りませんでした」っていうのは勉強が足りないんじゃないかと思っていた部分もあります)でも、新しい石だったら、確かに難しいでしょうし、長石は一番種類が多いので…難しかったのかも。

正長石のブルームーンストーンは、本当に量が少ないので、今はビーズででてくることはまずありません。鉱山が洪水の被害にもあってしまったと、ニュースでも見ました。

Dvc20087_2なので、ビーズで出ている「ブルームーンストーン」で、青以外の色、オレンジ・ピンク・緑などが見えたらその石は「ホワイトラブラドライト(レインボームーンストーン)」、青だけならほぼ「ぺリステライト」と思いましょう。

ちなみに「フェイズパー」というのは、正長石、オリゴクレース、アルバイト、ラブラドライトなどぜーんぶひっくるめた「長石の仲間」という意味です。アマゾナイトなんて私の好きな石は、正長石の結晶角が90度なのに対して、89.3度と傾いているもの(なので微傾長石と呼ばれます)のことで、鉛などが入って青緑のものを言います。なので、フェイズパー「よくわかんないけど長石です」と出て、結晶角まで調べずとも、青緑だったら、もうアマゾナイトと便宜的に呼んでいるんだと思ってます…。

Dvc20085 ごめんなさい、前置きが長くなっちゃいました。で、今日は6月の誕生石として、正長石・ムーンストーンのブレスレットです。(ブルームーンストーンじゃなくて普通のホワイトのものです)

柔らかい乳白色、決して真っ白じゃないんですよ。そこが本当に優しげで。恋人たちの未来を見通すといわれるこの石は、恋をする女の子の味方になってくれるそうです。

6月生まれのかた、お誕生日おめでとうございます。実は、この石、この普通のムーンストーン(正長石)は今産出が減っています。もちろん、新しい鉱脈が出てくれば、また大量に出てくるんだと思うんですが、今現状としては市場でも減っているように思いますので、好きな方は早めに探すのがおすすめ。今年も沢山の幸せが月の光と共にふりそそぎますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)